朝はシリアル

朝はシリアル

朝食は「パン」で育った私でしたが、30歳でドイツに赴任してからは週末を除いてずっと「シリアル」です。

近所にバームクーヘンで有名な洋菓子店がありまして、たまたま「レジ横」に置かれていた自家製のシリアル(ドイツではミューズリーと言います)を試したのがきっかけ。

シリアルは忙しい朝に手軽に食べられ、栄養価も高い。ヨーグルトや牛乳をかけるだけですから準備も簡単です。

日本に戻って来てからもシリアルは続き、最初はケロッグのコーンフレーク+果物にヨーグルトと牛乳をかけて食べていましたが、数年前からはもっぱらカルビーのフルグラ。

オレンジ、バナナ、キーウイを小さく刻みヨーグルトをかけたものを妻が準備してくれます。それに自分でフルグラを足し、牛乳をかけて食べます。

シリアルが特別好きというわけではないのですが、分量が調節しやすく、食欲があまりないときでも負荷なく栄養補給が出来るのが良いです。

フルタイムのサラリーマン時代は、朝から食欲はわかなかった。朝目覚めた瞬間から、仕事や人間関係のプレッシャーとの闘いが始まっている感じでしたから…。

ライフシフトした今は、そうした闘いからすっかり解放されましたが、朝のシリアル習慣は今も続いています。

カテゴリー

神木各人(かみきかくと)

神木各人(かみきかくと)

パーソナリティー 

大手消費財メーカー、福祉サービス会社、スタートアップなど、国内&海外でビジネスパーソンとして33年間勤務。ライフシフトした現在は、老親の介護をしながら、荻窪を拠点に 会社経営から人生相談までアドバイザーとしてマイペースで活動中。

関連記事