私の本棚

象の背中(秋元康著)

たしか15年ほど前だったと思います。たまたま出張で乗った飛行機で本作の映画をみました。役所広司、今井美樹、井川遥と私の好きな俳優さんが出ていたこともありまして…

私の本棚

大衆の狂気(ダグラス・マレー著)

人種差別撤廃の運動や、女性の権利獲得に向けたフェミニズムくらいまでは、私もそれなりに理解・共感できます。 しかし、昨今のLGBTに関わる社会運動に至っては正直…

私の本棚

点と線(松本清張著)

松本清張の推理小説としては最初の長編として有名な作品。列車の時刻表を駆使した犯罪ミステリーです。 特に今年は日本で鉄道が開業して150年ということもあって、T…

私の本棚

葉っぱのフレディ(レオ バスカーリア著)

落ち葉の季節になると、この絵本を思い出します。葉っぱが生まれてから、地面に落ちて土にかえるまでの物語。 この本はアメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が…

私の本棚

老人力(赤瀬川原平著)

全くの偶然、何か別の本を探して色々とネット検索していたら、たまたま「老人力」というタイトルに目が留まりました。 今どき「老人」なんて誰も言わないのに、これは一…

私の本棚

コンビニ人間(村田沙耶香著)

正確には覚えていないのですが、たぶん2~3年前のことだったと思います。書店でふと目にとまりこの作品を手に取りました。 まずタイトルに惹かれ、コンビニ風景の精緻…

私の本棚

日本のいちばん長い日(半藤一利著)

言わずと知れた名作です。終戦の日、「昭和二十年八月十五日を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション(文庫版ウラスジより)」…

私の本棚

独楽吟(橘曙覧 著 / 岡本信弘 編)

書店の新書コーナーで立ち読みをしていた時のこと。たまたま「独楽吟」の話が書かれている書物に出合い、その存在を知った次第。 作者の橘曙覧(たちばなあけみ)は江戸…

私の本棚

過去の自分との対話

小さな本棚が混雑してきましたので、久しぶりに荻窪駅前のブックオフに持ち込んで買い取ってもらいました。 いつもながら買取金額のほうも小さく、帰りに西友で食料品を…